Seasar - DI Container with AOP -
Seasar DI Container with AOP
S2Dao.NET TOPページへ

S2Dao.NET - セットアップ

配布物の説明

s2dao.net-version.zipを 解凍して出来たディレクトリの構成と説明です。(※ S2Dao.NET 0.4.2以降)

ディレクトリ 説明
s2dao.net/build S2Dao.NETのリリースビルドされたアセンブリ(.NET 1.1用)
s2dao.net/build/net2.0 S2Dao.NETのリリースビルドされたアセンブリ(.NET 2.0用)
s2dao.net/data Examplesで使用するDBのDDL等
s2dao.net/lib S2Container.NETが参照しているアセンブリ等
s2dao.net/source S2Container.NETのソースコード
www ドキュメント

S2Dao.NETのセットアップ

S2Dao.NETを利用する場合には以下のファイル(アセンブリ)への参照を追加する必要があります。 なお、buildディレクトリにあるSeasar.Dao.dllとja-JPディレクトリは同じディレクトリに配置してください。

  • s2dao.net/build/Seasar.Dao.dll

S2Dao.NETはS2Container.NET(Seasar.dll)に依存しています。 また、S2Dao.NETではlog4netを利用してログの吐き出しも行っています。 S2Container.NET, log4netのセットアップについては以下のドキュメントを参照して下さい。

次にアプリケーション構成ファイル(app.config)にS2Dao.NETのアセンブリ(Seasar.Dao)を登録します。

<configuration>
   <configSections>
      <section name="seasar"
         type="Seasar.Framework.Xml.S2SectionHandler, Seasar" />
   </configSections>

   <seasar>
      <!-- SingletonS2ContainerFactory#Initで下記で指定されたdiconファイルを
           ルートのdiconファイルの初期値としてセットします。 -->
      <configPath>App.dicon</configPath>
      
      <!-- S2コンテナ作成時に以下で指定されたアセンブリをAppDomainに
           読み込みます。(S2ContainerFactory#Create) -->
      <assemblys>
         <assembly>アセンブリ名1</assembly>
         <assembly>アセンブリ名2</assembly>
         <assembly>Seasar.Dao</assembly>
      </assemblys>
   </seasar>

</configuration>

アプリケーション構成ファイルについての詳細は以下のドキュメントを参照して下さい。

S2Container.NET リファレンス - アプリケーション構成ファイル